夏季休暇のお知らせ

8月11日(日)~ 8月15日(木)まで休診とさせていただきます。
ご不便・ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

8月16日(金)から通常通り診察しております。

Posted in 未分類 | 夏季休暇のお知らせ はコメントを受け付けていません

代診のお知らせ 第一土曜日

4月より、第一土曜日院長の外来は大学医師の外来に変更となります。
ご了承のほどお願いいたします。

Posted in 未分類 | 代診のお知らせ 第一土曜日 はコメントを受け付けていません

大田区の緑内障検診は受付終了しました。

定員に達しましたので今年度の大田区緑内障検診は受付を終了いたしました。ご了承ください。

Posted in 未分類 | 大田区の緑内障検診は受付終了しました。 はコメントを受け付けていません

緑内障の最新治療SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)

緑内障の治療は、まず点眼薬を処方して眼圧をさげます。それでも視野が悪化すれば2剤目、3剤目の点眼薬を追加処方し、それでも視野の悪化が進行するならば手術を行います。しかし、手術は合併症が起こりやすいため、手術以外の治療法が期待されていました。緑内障の失明率が一番高いのは、点眼が面倒なので、また副作用のために自己中断してしまう人が多いことや、上手に点眼ができないなども原因と言われております。効果が出れば、点眼を1種類減らせるか、中止できることもあります。治療の選択肢が増えました。

♦この治療(SLT)を勧めたい方

毎日の点眼が面倒な方、点眼がにがてな方、忘れやすい方。
②点眼薬の種類をこれ以上増やしたくない方
③点眼の副作用で困っている方
④点眼だけでは眼圧が十分に下がらずに緑内障が悪化する方

♦この治療(SLT)の効果

①レーザー後、約1~2ヵ月後に眼圧が安定してきます
②眼圧下降は約2~6㎜Hg(約70%の方)
③効果が出れば、点眼を1種類減らせるか、中止できることもあります。
④効果は2~3年とされていて、再度追加治療可能です。
⑤第一選択でのSLTと点眼を比較した場合、治療効果もコストもSLTが勝っていた。(参考文献 LANNCET)

♦この治療のデメリット(副作用)

充血、炎症はほぼ100%、前房出血は時におきますが軽度の場合がほとんどで、安静及び抗炎症作用のある点眼により一週間以内にほとんどの場合治癒します。眼圧上昇については、レーザー照射後に眼圧上昇をきたす場合があります。そのため翌日の眼圧検査と診察が必要です。また必要に応じて内服や処置をします。

♦Q&A

①痛みはありますか?
点眼麻酔だけでほとんどなく、あってもチリチリ程度です。


②治療時間は?
約10分位で帰宅時眼帯は不要です。


③治療後何か気をつけることは?
治療後通常の日常生活ができますが、当日の車の運転は控えてください。効果はすぐにはでないので、今までの点眼は自己判断で中止しないで下さい。


④効果がでない人もいますか?
効果には個人差があり、約70%の方は眼圧下がりますが、残念ながら100%ではなく、その際には点眼の追加か手術を考慮します。予見はできません。


⑤費用は?
保険適用で、片眼1割負担の方約10,000円/3割負担の方約30,000円


参考文献 :THE ,LANCET VOLUME 393,ISSUE 10108 P1505-1516、APRIL 13、2019


Tango Reflex™
選択的レーザー繊維柱帯形成術

以上ご不明なことがあれば、ご相談ください。

Posted in 未分類 | 緑内障の最新治療SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術) はコメントを受け付けていません

YAGレーザー(後発白内障用)を最新の機械に更新

2台のレーザ光凝固装置
網膜裂孔、糖尿病網膜症、緑内障、後発白内障の治療を行います。
●治療用レーザー装置
1 光凝固装置(目にやさしい波長577nm):網膜裂孔や糖尿病網膜症などの眼底出血
2 YAGレーザー(2023/9更新):白内障術後最初はみえていたのに、最近見にくくなってきた方へ、その原因が、後発白内障であれば、約5分の外来治療で翌日には、ほとんどの人がよくなります。
新しいYAGレーザー
Posted in 最新情報 | YAGレーザー(後発白内障用)を最新の機械に更新 はコメントを受け付けていません

レーザー光凝固装置「Integre Pro Scan™」を導入

新しくレーザー光凝固装置「Integre Pro Scan™」を導入しました。

従来のレーザーより痛みが少なく、治療時間が短時間できます。

対象疾患は糖尿病網膜症、網膜裂孔など

Posted in 未分類 | レーザー光凝固装置「Integre Pro Scan™」を導入 はコメントを受け付けていません

超広角眼底カメラ(Optus Daytona)を導入

新たな眼底検査機器超広角眼底カメラ(Optus Daytona)を導入しました。

今までの眼底カメラと比べ1回での撮影範囲が200度と広く撮影できるようになり(従来は45度)、眼科の待ち時間の悩みである瞳孔を広げることが少なくなったので、院内滞在時間の減少につながり、密の対策となります。緊急度が高い網膜剝離や糖尿病網膜、網膜静脈閉塞症など色々な病気の早期発見、治療など、たくさんのメリットがあります。

Posted in 未分類 | 超広角眼底カメラ(Optus Daytona)を導入 はコメントを受け付けていません

当院のコロナ対策

当院のコロナ対策

1:マスク着用、消毒、検温の徹底

2:密閉対策:

ウイルスサイズ(0.1μm)対応

空気清浄機3台、

検査室はクリーンルーム(手術室対応)

3:換気のため、ドア、窓を開放

4:室外の舗道に椅子の設置

5:スタッフはマスク、手袋を着用

6:受付にアクリル板設置、対面受付

7:滞在時間短縮のため、一部検査を省略

ご迷惑をおかけしますが、お互いのためにご協力のほどよろしくお願い致します。  

蒲田わたなべ眼科

Posted in 最新情報 | 当院のコロナ対策 はコメントを受け付けていません

OCTアンギオグラフィー(ZEISS社)を導入

新たな眼底検査機器 OCTアンギオグラフィー(ZEISS社)を導入いたしました。

これまでの性能をはるかに超えるものです。

従来では蛍光造影剤を注射して撮影をしていた血管系の構造を描出する検査を、造影剤注射を使わずに検査できます。

副作用も、腕に針をさす必要もなくなり、今までではわからなかった病気の診断や治療方針が速やかに判断できるようになりました。

Posted in 最新情報 | OCTアンギオグラフィー(ZEISS社)を導入 はコメントを受け付けていません

モバイルサイトの仕様を変更いたしました。

患者様より、モバイルサイトでは最新情報・休診のお知らせが表示されないとご指摘を受けました。
iphoneだけでなく携帯電話でも表示されるように仕様を変更いたしました。
ご指摘いただきありがとうございました。

Posted in 未分類 | モバイルサイトの仕様を変更いたしました。 はコメントを受け付けていません