硝子体注射を始めました。

硝子体内注射(抗VEGF薬)治療について
物がゆがんで見える人、見ようとした中心がぼやけて見える人に対して、現在最も有効とされている治療、硝子体内注射(抗VEGF薬)を始めました。この薬を眼内(硝子体)に注射することで、従来回復困難とされていた症状が回復できる可能性がでてきています。眼底出血で物をみる中心部が障害されて、レーザー光凝固治療ができなかった症例にも、この治療は有効です。保険適応の病気も拡大してきました。
御希望の方は検査後にこの治療が必要かどうかも含め、詳しくお話します。まずは当院までご相談ください。

適応疾患
加齢黄斑変性(中心窩下脈絡膜新生血管を伴う)
網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫
病的近視(脈絡膜新生血管を伴う)
レーザー治療などの治療不能例に行われる治療法

投与方法
眼の内(硝子体)に直接注射  数分で終わります。

副作用
★眼圧上昇、白内障進行、血圧上昇、脳梗塞、生理不順などありますが、いずれも1%以下です。最も問題となるのは感染症 0.1~0.07%で、術後ばい菌を入れないように注意が必要です。

費用:保険適応されます。

★1割負担:一回の注射で約1.5~2万円
★3割負担:一回の注射で約5~5.6万円
(薬剤だけで約16~18万円。 注射の技術料は5800円です)

 

回数
★加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症では初めの3ヶ月は毎月行います その後も悪化時に追加します
★他の疾患は、経過をみながら追加します。

VEGF薬とは
異常な血管(新生血管)の増殖を抑える作用
血管からの水漏れ・出血を抑える作用

当院での使用薬剤
ルセンティス(ラニビズマブ)
アイリーア(アフリベルセプト)

Posted in 最新情報, 未分類 | 硝子体注射を始めました。 はコメントを受け付けていません

緑内障スペシャリスト外来

  緑内障のスペシャリスト外来 東邦大学医療センター大森病院 眼科で長年緑内障外来を担当していた、杤久保哲男名誉教授は、毎週月曜日9:30から13:00(受付は9:20から12:30まで)担当しております。予約は不要ですが、紹介状のある方はお持ちください。 月曜日来院困難な方は、他の曜日にいらしても検査をしてその結果を杤久保先生に相談することも可能です。

Posted in 最新情報 | 緑内障スペシャリスト外来 はコメントを受け付けていません

2月25日開院いたしました。

2014年2月25日に新規オープンいたしました。

地域の眼科かかりつけ医を目指し、日々努力をしてまいりたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

* 現在当院付近は開発工事中でご不便をお掛けしております。

下の写真はJR蒲田駅から2つめのバス停からのご案内です。

IMG_0461

IMG_0468矢印入

何かご不明な事がありましたらお気軽にご連絡下さい。

TEL  03-5714-0139

蒲田わたなべ眼科

Posted in 最新情報 | 2月25日開院いたしました。 はコメントを受け付けていません

蒲田わたなべ眼科を開院いたします。

長年勤務した東邦大学医療センター大森病院を退職して、徒歩圏内の京急蒲田駅近く、
大田区蒲田3-20-3アイリススクエアー1階に、平成26年2月25日、蒲田わたなべ眼科を開院いたします。

Posted in 最新情報 | 蒲田わたなべ眼科を開院いたします。 はコメントを受け付けていません

目がかゆい、花粉症

目がかゆい原因のほとんどが、アレルギーです。その原因となるものが花粉であれば、花粉症と呼ばれております。関東の花粉飛散開始は、2月上旬頃と予想されています。毎年この時期に症状のある方は、早めに予防治療をしましょう。花粉症治療で一番大切なことは、かゆくても目をこすらないことです。良い目薬を使っていても、こすっていると治りません。

Posted in 目がかゆい、花粉症 | 目がかゆい、花粉症 はコメントを受け付けていません

学校から検診用紙をもらったら

news_1学校から検診用紙をもらった人は、視力がおちた、結膜炎などが原因で眼科受診を勧められています。
学校の検査では細部までの検査はしません。視力がおちている場合は正しい目の状態を調べ、視力検査をします。正しい状態がわからずに、メガネ、コンタクトレンズを作ると満足な見え方にならない事もあります、近視なのか遠視なのか、それとも斜視や仮性近視が隠されていうのか診断できます。仮性近視がわからずにメガネを作ると、近視が進んでしますことがあり、注意が必要です。

Posted in 学校から検診用紙をもらったら | 学校から検診用紙をもらったら はコメントを受け付けていません

健診、人間ドックで要精密検査と言われたら

news_2緑内障(視神経乳頭陥凹)や眼底出血(糖尿病網膜症など)が疑われます。この2つは失明率の高い疾患で、自覚症状が全くなくても早期に眼科受診してください。自覚症状がでてからでは、ほとんど手遅れになることが多い病気です。もともと近視が強い方は見えないことに慣れてしまい、受診しないまま放置し、進行してしまうことがあります。そのような状態になる前に治療できるよう、情報発信にも力を入れていきたいと思っています。
⇒失明のつながる怖い病気を参照

Posted in 健診、人間ドックで要精密検査と言われたら | 健診、人間ドックで要精密検査と言われたら はコメントを受け付けていません