設備案内

設備案内

明るく清潔な院内と最新の医療機器
京急蒲田駅の西口から徒歩約2分、医院の前に駐輪スペース、医院の横にコインパーキングあり、自転車、お車をお持ちの方もお持ちでない方も通いやすくなっております。
● バリアフリー
● カード VISA、Master JCB
● 駐輪場
● 駐車場 コインパーキング Times 24th

受付


明るく清潔な受付で、モニターから、過去TVで放送された、わかり易い目の話が流れています。
眼科医の話よりわかり易いと好評です。

診察室:細隙灯、画像ファイリングシステム

細隙灯によって目を拡大して診察することで、角膜や結膜の病変や白内障などの疾患を診察できます。さらに、特殊なレンズを当てることによって眼底の観察も可能です。当院では、細隙灯にデジタルカメラを設置しました。画像をコンピューターに記録を残し自分自身で確認することができます。

OCT( 光干渉断層計)/眼底カメラ

目のCTスキャンともいう最新の機器で、今まで診断が難しかった緑内障や、視力に一番関係する黄斑部の診断を数分で可能にした装置です。非接触型の高分解能断層及び生体下での眼撮影装置で、網膜、網膜神経繊維束、黄斑、視神経乳頭を含む後眼部構造の生体内表示、及び軸方向断面と3次元の画像化による眼疾患の診断ができるようになりました。同時に眼底写真も撮れます。

OCTアンギオグラフィー

OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)とは、網膜、黄斑部の血管の状態を評価する検査です。以前から網膜の血管の検査として眼底造影検査が行われています。 腕の血管から造影剤を注射して眼底写真をとることにより、眼底の血管の情報が得られます。 しかし、やや検査の時間がかかる、造影剤には血圧低下や吐き気などの副作用が生じることがあるなどの欠点があります。
このOCTアンギオでは、造影剤を使用しなくても、造影剤を用いた撮影に近い画像を得られようになりました。通常の検査ではわからない病気の診断や、糖尿病網膜症や、加齢黄斑変性といった失明につながる眼の病気の正しい診断や治療方針の決定が速やかに可能になりました。
この検査はアゴと額を固定し機械の中をのぞくだけのごく簡単な検査で、検査にかかる時間は、眼底カメラとほとんど変わらず、眼の負担も少なく検査を受けていただけます。 初診日、即日検査が可能です。特に予約の必要はありません。

対象疾患
黄斑変性、網膜静脈閉塞、糖尿病性網膜症、緑内障など

オクトパス視野2

緑内障の判断、視神経疾患の判断、および経過をカラーマップでわかりやすく記録いたします。その結果をみて治療方針を決めていきます。網膜色素変性症などの視野変化の記録も行えます。視野検査は疾患の早期発見及び治療を決定する上で1つの指針となる大切な検査です。
身体障害者手帳の発行や労災の書類には、視野の変化を記載する必要がある場合があり、当院は、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医(眼科)です。

処置室 クリーンルーム10000

クリーンルーム10000にて、処置を行います。

その他の検査機器

オートケラトレフラクトメータ
視力検査の目安になる検査です。
近視、乱視、遠視など、目の屈折状態について検査します。これにより、眼鏡・コンタクトの度数が推測できます。

ノンコンタクトタイプトノメーター
非接触で、(眼圧)眼の硬さを測定する器械です。 緑内障の診断などに有用です。

2台のレーザ光凝固装置
網膜裂孔、糖尿病網膜症、緑内障、後発白内障の治療を行います。

●治療用レーザー装置
1 光凝固装置(目にやさしい波長577nm):網膜裂孔や糖尿病網膜症などの
眼底出血
2 YAGレーザー:白内障術後最初はみえていたが、最近見にくくなったのは、
後発白内障なのかもしれません。
この治療をすると、数分の治療で翌日には、ほとんど人がよくなります。